鶏足山 智光院 養運寺は町田市にある浄土宗寺院です。|東京都町田市

 
 

十夜法要厳修 ならびに 手作り市 ミニコンサート開催しました

十夜法要厳修 ならびに 手作り市 ミニコンサート開催しました
 
開催御礼
11月17日(日) 今年も無事に十夜法要を厳修し、ミニコンサートならびに手作り市を開催する事ができました。
お参りくださいましたお檀家の皆様。
出店くださいました作家の皆様、
津軽三味線奏者の渋谷さま、関係各位の皆様
ご来場いただきました皆様 本当にありがとうございました。
 
お天気にも恵まれ、贅沢な秋のひとときを皆さんと過ごせましたことを嬉しく思います。
 
詳しくはぶつぶつ養運寺にてご報告させていただきます。
ありがとうございました。
 
 

子育てサロン 「たっち」

子育てサロン 「たっち」
 
子育てサロン「たっち」
庭遊び
寺の和室を利用して、子育てサロン「たっち」が開催されています。
 
「親子で気軽に立ち寄って、お茶を飲んだり、遊んだりできる場所をつくりたい」
そんなスタッフさんの思いからうまれた子育てサロンです。
 
未就園児のおこさんとお母さんが 飛び入りで利用でき、ちょっとおしゃべりしたりできるそうです。
もちろん 寺の庭も遊び放題なので 気軽に遊びに来てくださいね。
 
開催日 10月29日(火) 10:00~13:00 ハロウィン
    11月12日(火) 10:00~13:00 おもちゃ図書館
    11月26日(火) 10:00~13:00
    12月10日(火) ごめんなさいおやすみです。
    12月24日(火) 10:00~13:00
 

裏山ワークショップ開催しました

裏山ワークショップ開催しました
 
楽しかった裏山ワークショップ
アートの先生 CHIHOBIRDさんをお招きして、裏山でワークショップを開催しました。
山の草木土と境内のお花を使って絵の具を作り、
思い思いに半紙に描き、山を走り、土をほり・・・
大人も子供も自然を満喫したひと時でした!
楽しかった!!
 
CHIHOBIRDさんはこのサイトの下のほうにある 極楽から仏さまが臨終者をお迎えに来てくれる様子を動画にしてくださったアーティストさんです! インスタグラム https://www.instagram.com/chihobird/ もぜひご覧ください。
ワークショップの様子は ブログ ぶつぶつ養運寺 にもアップしました。
 
 

落慶法要 厳修

落慶法要 厳修
 
落慶法要を厳修いたしました
 5月8日大安 晴天の空の下にて無事に落慶法要をお勤めする事が出来ました。
当日は浄土宗八王子組諸大徳 の皆様に御随喜頂き、また増上寺雅楽会 大ベテランの先生方の雅楽生演奏と、50名を越える子供達がお稚児さんとしてお練り行列に参加してくださり、素晴らしい笑顔が溢れる法要となりました。
養運寺は500年近く本町田の地にてお檀家の皆様、地域の皆様に護寺頂きご本尊様をお護りし続ける事ができました。その歴史の中で、前本堂が文政4年の建立だった事を考えると、本堂の落慶法要は約200年ぶりの事ではないかと思われます。
この素晴らしい時を皆様と迎える事が出来ました事に心から感謝いたします。
 
 
鶏足山 智光院 養運寺は町田市にある浄土宗寺院です。
養運寺は、阿弥陀仏を御本尊とする浄土宗寺院です。
本寺を八王子の極楽寺とし、永禄10年 (1567年)に鶏足山(ケイソクザン)智光院(チコウイン) 養運寺(ヨウウンジ)として光蓮社伝譽上人により、浄土宗寺院として開創されたと伝えられております。
ただし、当寺の前身は文永年間(1264~74)以来の天台宗寺庵と伝えられ、750年ほど前の鎌倉時代よりある寺だと考えられます。事実鎌倉時代や南北朝時代の紀年銘のある板碑が数基伝存しています。
しかしいずれも阿弥陀種子を刻み、阿弥陀仏の功徳を讃えた観無量寿経真身観の偈が記されているので、当寺における浄土信仰そのものは大変由来の古いものであると考えられます。
 

養運寺が紹介された 町テレ映像

養運寺が紹介された 町テレ映像
 
2013年町田市作製の町田市文化遺産の紹介ビデオ。
この後2014年より本堂の改築工事が行われ、
2016年1月現在建設工事中です。
竣工は2月の予定。
 

本堂が建つまで

本堂が建つまで
 
本堂・観音堂 建築工程
平成26年着工から二年の歳月をかけて、建築された本堂観音堂の建築工程写真。
平成28年2月29日竣工。
 

阿弥陀様のお迎えムービー

阿弥陀様のお迎えムービー
 
極楽浄土から亡くなった人をお迎えに来てくださる阿弥陀様の来迎ムービーです
人は亡くなるとどうなるの?どこへ行くの?
たいせつな人を亡くして深い悲しみの中にいる人も大勢いらっしゃるかもしれません。
でも大丈夫。大切な人は 阿弥陀様のお迎えをいただき、極楽浄土で生き続けます。
また会える日まで、私たちももうひと頑張り。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ
 
シンガポール在住の日本人アーティスト Chiho さんに作っていただいたものです。
Chihoさんの作品は インスタグラム CHIHOBIRD や chihosworks でもご覧いただけます。
 
     
 
 
<<宗教法人養運寺>> 〒194-0032 東京都町田市本町田3654 TEL:042-722-4545